赤松(あかまつ)

古来から茶室の主柱に多く使われました。近年、あの有名なデザイナーのご自宅の飾り柱にも採用していただきました。本当に上品な顔つきです。古来からお客様をお迎えし、おもてなしをする場での装いを持った商品だと思います。表面は赤松本来の皮が付いたままですので、粗悪品の場合、施工後、木食い虫なんかの恐れもありますのでくれぐれもご注意くださいね。

赤松の詳細

写真(クリックして拡大)
樹種
長さ(単位: メートル)
3m〜4m
末口(径単位: ミリメートル)
60〜150mm
施工用途
床柱(茶室によく利用される)
製造・加工方法
  1. 伐採し、乾燥させるため背割り(芯抜き)
  2. 鬼皮を剥がし、防虫加工