良母(リョウボ)/ 令法(リョウブ)

表面が赤茶色で光沢がある、すべすべした木です。雑木林のイメージがあります。個性的な中に質素な感じをかもし出すような商品です。一度、手に取られて感触をお楽しみください。地方によって良母(リョウボ)または令法(リョウブ)と呼ばれます。サルスベリの代用木でもあり、一部地方ではサルスベリと呼ぶこともあるようです。茶室や数寄屋の柱として使われますが、店舗の内装にもオシャレかも。

良母(リョウボ)/ 令法(リョウブ)

写真(クリックして拡大)
樹種
良母(サルスベリの代替品)
長さ(単位: メートル)
2m〜4m
末口(径単位: ミリメートル)
60〜150mm
施工用途
茶室などの床柱、玄関などの飾り柱・壁止め
製造・加工方法
  1. 立木伐採
  2. 小切り・乾燥
  3. 荒皮取り
  4. 防虫加工・仕上