絞り丸太(しぼりまるた)

表面に波状の縦皺のある杉の丸太で、主に床柱(とこばしら)として使用されています。また現在では、その模様の面白さから、和風モダンのマテリアルとしても注目を集めています。あなたならどんな使い方を思いつくでしょうか?

絞り丸太(しぼりまるた)の一覧

杉天然出絞丸太(天絞)
表面に天然の出絞(でしぼ・波状の皺のような文様)を持った、天然の絞り丸太です。突然変異により極まれにしか手に入る事が不可能でしたが、近年、林業家の努力により、安定供給が可能となりました。
人造絞り丸太(人造絞り丸太)
もっとも多く床柱(とこばしら)として、使われている商品です。現在、床柱のある住宅のほとんどはこの商品が採用されています。人絞(じんしぼ)と呼ぶこともあります。
変絞(へんしぼ)
人造絞丸太のスペシャル版です。人造絞り丸太の特殊なカタチですが、ほとんど芸術的な商品です。これほど難しい商品はこの業界にないかもしれません。