変木(へんぼく)

1本ずつ、木の表情が違う、見てるだけで楽しくなる、自然木です。木の皮を付けたまま丸太に仕上げのものや、表面に天然カビを植え付けることで斑点を付けて仕上げたものを、磨き丸太と区別して変木といいます。変木は主に茶室や数寄屋建築なので床柱や飾り柱として使います。

変木の一覧

錆丸太(さびまるた)
表面は黒色・白色そしてたまに少し赤色が混じり、人間の手ではだしえない、個性あふれる色と雰囲気をかもし出している木材です。
良母(リョウボ)/ 令法(リョウブ)/ サルスベリ
表面が赤茶色で光沢がある、すべすべした木です。雑木林のイメージがあります。個性的な中に質素な感じをかもし出すような商品です。
ムロ変木(むろへんぼく)
白色と茶色が共存していて、かつ、1本ずつ、まったく表情が違う商品です。細いものでさえ100年ぐらいの樹齢を数え、人工植林木は皆無だと思われます。変木の中でも逸品です。
赤松(あかまつ)
古来から茶室の主柱に多く使われました。本当に上品な顔つきです。古来からお客様をお迎えし、おもてなしをする場での装いを持った商品だと思います。
桜皮つき丸太
自然の中で育った「桜」を皮付きのままで商品化しています。趣があり、その風情を施工現場に生かす事の出来る魅力あふれる商品です。
香節丸太(こぶしまるた)
古くから数寄を表現する木材のひとつで、おとなしい香りが漂います。施工されることで、よりいっそう味が出ます。表面はグレイの皮がそのまま付いていて、その模様が独特の雰囲気をかもし出します。