海布丸太・垂木(カイフ丸太・タルキ)

天井や軒先などの垂木(タルキ)として使用されていますが、スクリーンなどのユニークな利用も増えてきました。杖(つえ)のような細い木ですが、枝ではなく、れっきとした幹です。植林をして、まもなくの頃から枝を切り、特殊な手間のかかる作業を繰り返します。料理屋さんやお寿司屋さんなどで「細い磨き丸太」を見かけたことはありませんか。施工されることにより、いっそう味が出る商品です。

海布丸太・垂木(タルキ)の詳細

写真(クリックして拡大)
樹種
長さ(単位: メートル)
0.9m〜4m
末口(径単位: ミリメートル)
〜60mm
施工用途
化粧軒・茶室の垂木など
製造・加工方法
  1. 植林・下刈り・枝打ち
  2. 杉の小径丸太(10年〜15年生)を伐採
  3. 皮を剥ぐ・乾燥・磨き上げ
  4. 育林時には小径で無節の直材を目指すが完璧なものは少なく、無地・半無地・節有など、枝打ちの後の残り具合でランクが付けられている。